会社設立2

会社設立2

会社設立の手続きというと、多くの資料を作成したり、関係する役所などに提出したり・・・と、とにかく煩雑に思える方が多いのではないでしょうか?ですが、場合によっては、手続きの流れは思ったよりもシンプルです。ここでは、発起設立(発起人が全部の出資をするケース)の手続きの流れを説明します。

会社設立の大まかな流れとしては、まず、会社の商号、本店の住所、会社の目的など基本的な事項を決定します。これは必ず最初に決める項目です。すでに登記されている会社と同じ名前でも設立はできますが、のちのトラブルを未然に防ぐためにも、事前確認をしておくほうがよいでしょう。 続いて、会社で使う印鑑を作成します。そして、会社の商号・本店・目的などの基本事項以外の事項を決め、定款を作成します。定款とは会社の運営をしていくうえでの基本的なルールとなるもので、公証人役場で認証を受けることで、はじめて法的な効力を持ちます。

これらの準備が終われば、株式会社設立の企画をする個人の口座へ出資金の払込みを行い、必要書類をそろえます。具体的には、会社設立の登記の申請書および添付書類として必要になる、取締役及び監査役選任決定書、就任承諾書、取締役会議事録、調査報告書などとなります。

これらを作成し、申請書類一式が揃ったなら、会社設立の登記を法務局(登記所)に申請します。この登記が終われば、税務署や社会保険事務所などに届け出を行い、それをもって法的な手続きはすべて終了します。あとは新会社としてスタートを切り、事業を行っていくこととなります。






生命保険や医療保険選びということは悩んでしまうことが普通です。生命保険や医療保険を選択することは手数がかかることです。生命保険や医療保険の商品見積りが生命保険ではすぐできます。生命保険や医療保険見積りがやりやすくなっています。さて生命保険でなく損害保険商品の所得補償保険も考えてみます。重要です。-

生命保険を換えるという問題は考え込んでしまう問題です。しかし生命保険選びについてそんにきっちりと考えることもないのです。保険業界が大きく変わってきました。保険ショップと称する代理店が目立っています。ほけんの窓口が報道されています。相談してみましょう。-