会社設立3

会社設立3

会社設立のスタートは、まず会社の基本事項を決めることから始まります。これが何かというと、会社の商号(名前)、本店(住所)、目的(仕事の内容)がこれに当たります。「これくらいならすぐに決定できる」と思う方もいるかもしれませんが、これらの事項は、会社を運営していくにあたって大切な部分のため、慎重に決める必要があります。

特に会社の商号は、会社の名前であり看板となるものです。「人々の耳にとまりやすく覚えやすい」「事業内容が名前からイメージしやすい」「インターネットなどで検索されやすい」など、会社の商号を決める際には多くの経営者が工夫をこらしています。その後の事業を円滑に進めていくためにも、慎重に決める必要があるでしょう。また、会社の商号は一度決定すると、簡単には変更できません。変更するには、定款の変更、登記の内容の変更、各官庁へ変更の届出など多くの手続きが必要になります。なお、会社の商号を決める際にはいくつかのルールがあります。「☆」「♪」などの文字を使うことができないことや、社会的に認知されている名前(大企業の名前や、海外ブランド名など)を使用することができないというルールなどがそれにあたります。

また、会社の目的(仕事の内容)を決める際も注意が必要です。会社は、定めている事業目的の範囲内でしか、営業活動を行うことができません。そのため、将来行う可能性のある事業がある場合は、設立の時点で盛り込むほうが良いです。商号と同じく、一度決定すると簡単には変更できず、定款の変更、登記の内容の変更などの手続きが必要となります。慎重に決める必要があるでしょう。






医療保険や生命保険万が一のための借金返済の保険を勉強しましょう。分からないことが結構あるのではないでしょうか。生命保険や医療保険そして養老保険や障害保険そして子供のために積み立てる保険と多様です。まずは保険マンモスでの相談を検討しましょう。-

しっかりとした見直しを検討した生命保険を決めましょう。大切なのはここです。それが保険の見直しで大切です。甘く考えずに保険の見直しを見てみましょう。自分の年齢性別等により保険料その他に差が生じてきます。保険見直しはいいのです。
保険見直しのことだったなら→ここをCLICK