会社設立4

会社設立4

会社設立の手続きのなかには、「定款の作成」が求められます。「定款」と聞くと一般的にはなじみのない言葉ということもあり、抵抗を感じる方もいるかもしれませんね。ですが、定款とは会社の運営に関する基本的なルールとなり、その内容で定められたことは法的な効果を持つこととなり、とても大切なものです。では、定款の作成について説明します。

定款に記載する内容には3つの事項があります。まず、「絶対的記載事項」として、定款には必ず記載しなければならない事項があり、具体的には商号、本店、目的などがあります。これが記載されていないと定款としては認められません。次に、「相対的記載事項」として、定款に必ず記載しなければならない事項ではないが、記載しない場合は「その規定はなかったこととして扱われる」という事項があります。具体的には現物出資や株式の譲渡制限などがあげられますが、その規定がある場合は、必ず定款に盛り込む必要があります。最後に、「任意的記載事項」として、定款に記載するかしないか自由な事項があります。具体的には決算期や役員に関する事項がありますが、これらも基本的な事項として定款に乗せておいたほうがよいでしょう。

定款は、設立の発起人全員で作成し、全員が署名押印する必要があります。そして作成後、公証人役場で認証を受けることで初めて法的な効力を持つことになります。定款は一度認証を受けてしまうと原則として訂正がききません。そのため、慎重に作成を行う必要があります。定款の作成が難しい・・・という方は、一度専門家に相談に行くか、必要に応じてこうした書類の作成を代行してくれるサービスなどを利用してもよいでしょう。






保険ショップでは生命保険を検討しておけば案外うまくいきます。ちゃんと生命保険コンサルを解決するためについてどうするのでしょうか。どのような立場の人に相談しますか。最近はショッピングセンターなどで保険見直し本舗がかなりふえました。ここでの生命保険の生命保険のFPやアドバイザーと自称する営業マンもいます。-

必要な保障額として用意すべき金額を検討するのは家庭を持った時だったという方が多いようです。人としての生きていく区切りのときに自分の必要保障額と生命保険をあらためて考えるようになるのです。保険ショップが大切だと気付くのです。ライフプランや人生設計のことを積極的に勉強しましょう。保険ショップです。-