土地活用2

土地活用2

土地を活用するという人のなかには、定期借地にして収入を得るといったことを考えるケースもあるでしょう。平成に入ってから新しい法律が施行されたことで、地主と借り手との間のトラブルが起きにくくなったと言えるでしょう。それまでの法律では、借り手の権利が保護されるケースが多く、一度貸してしまうとなかなか自分に戻ってこないというデメリットがあったのですが、定期借地という制度によって、契約期間が終了したあとで必ず戻ってくるようになったのです。

それによって、安心して土地を貸せるようになったというわけです。定期にしておけば、借り手側からの希望があっても契約期間の更新や延長をしなくても良いことになっています。立ち退き料が発生したり、そこにある建物を買い取ったりといったような費用が必要になることもないのです。50年後ならば、50年後に更地にして返還するといった内容になっているわけです。相続税の対策としても役に立ち、貸宅地すれば税額を軽減することも可能になっているのです。

ただし、原則として中途解約はできないことになっています。50年の定期借地にするならば、そのあいだについてはほかの目的に転用するといったことができなくなることを頭に入れておきましょう。また、土地の活用方法としては、マンションやビルの賃貸経営のほうが収益性が高いと言えます。立地によっては格安の賃料となることも考えられるのです。もちろん、所有権は自分にあるので、将来的には相続をして資産を残せるといったことをメリットとしてあげることもできるでしょう。






スーパーの入口に近いところにでも保険についての窓口を開いた保険の店舗が普通に見えるようになってきたようです。多くの乗り合い保険代理店が保険ショップ展開を始めています。保険を比較するのはなかなか困難です。このような保険についてのショップ。保険ショップで保険相談をFPが引き受けてくれます。-

相続経営者では考えておかないといけない相続税の節税の問題と経営者の引退の問題はどの相続経営者でも誰しも悩む問題です。争いなく財産問題を終わらせるには相続の含み資産の形成について安易に取り組まないことです。経営者死亡時の相続税納税資金資金問題は生命保険の有効利用が結構有効です。相続税対策についても考えておきましょう。
相続税対策について|バードレポート
http://www.bird-net.co.jp/cat2801.htm