確定申告1

確定申告1

確定申告の時期になると、いろいろと書類を引っ張り出したり、会計事務所に連絡をとったりと忙しくなるという人もいるでしょう。とくに不動産所得がある人などは、正確な計算をしておかないと、損とは言わないまでも、本来の受けられるはずの控除が受けられなかったりといったことも起きるからです。これまでは会社からの給与だけで済んでいたという人でも、土地活用をはじめたことで書類を整える作業が複雑になることもあるので注意しましょう。

とくにアパートやマンションなどを経営して賃料を得ていると、それに対しても税金がかかるようになるので、確定申告の際にはきちんと計算をしていくことになります。ただし、手元に入ってきた収入の総額がそのまま対象となるわけではありません。そこでは必要経費などを差し引いていくことができるようになっています。この必要経費部分をしっかりと計上しておかないと、認められてる控除額を有効に活用できなくなってしまうというわけです。

なかでも、管理費などの経費のほか、減価償却費やローン返済の利子分なども計上できることを知っておきましょう。土地だけの場合は時間の経過によって減価するといったことはありませんが、建物の場合は資産の価値が下がっていくので、それを必要経費のなかに計上することができるようになっているのです。そして、住宅ローンでは元本は対象となっていませんが、その返済利息分が必要経費になります。最初は会計士などに相談をして、慣れてきてから自分でできるようにするのもいいでしょう。






保険の自由化が進んだことでこれまでよりずっとネット生保の割安な生命保険も増えてきました。自ら保険比較をするという選択肢が容易に選べるようになりました。ライフネット生命が生まれそのリーズナブルな生命保険を選ぶようにしましょう。-

相続対策をどう進めていくかはいろいろ細かい障害も多く大変なポイントです。苦労せずに相続対策を解決するためには遺産分割協議をどう決着させるかについて簡単なことだと決めつけないことです。相続税の納税について生命帆けを使った事前対策が随分役立つはずです。相続対策についても選択肢に入れましよう。
相続対策について|バードレポート
http://www.bird-net.co.jp/cat4601.htm