確定申告2

確定申告2

不動産所得に関する確定申告をするには、まずは1年間の領収書を揃えることが重要になります。初めての人は、最初は会計事務所などに手助けをしてもらうのもいいでしょう。どれが収入として計上するもので、必要経費として計上できるものはどれかといったことを知っておくことが大切だからです。慣れてくれば自分1人でもできるようになりますが、知識もなしに自力でしようとすると、本来計上できる分を忘れてしまったりといったことも考えられるので注意も必要です。

ですから、2月から3月にかけての確定申告で焦らないように、不動産所得に関しては準備や整理をしておくことをオススメします。たとえば、月ごとに領収書を整理しておけば、その月ごとの収支計算をするのに役に立ちます。月ごとのものを合計すれば、1年間を通したものがすぐにわかるようになります。もちろん、それで確定ではありませんが、毎月この作業を行っておけば、下準備を整えておくことができるというわけです。月ごとに分けておくだけでも、直前になって探したりする手間が省けます。

そして、不動産所得の確定申告では、勘定科目ごとに残高を計算していくことになります。そのときに、経費に関わる科目と収益に関わる科目、そして資産の負債に関わる科目とを分けておくことがポイントになります。そうすることで、損益計算書や貸借対照表の作成が簡単にできるようになるからです。こうして計算したときに、収益よりも経費が多くなっていれば赤字になります。青色申告の場合には、ほかの所得から相殺することになります。






保険は分かりにくいものだとよく言われます。どうして生命保険に入らないといけないのかを考えてみましょう。インターネットと生命保険の人が増えています。さて交通事故に巻き込まれて突然入院したらどうなるか。そして自分が死んだときに家族がどうなるか。事故にあったときに自分の家族はいくら必要なのか。生命保険で失敗しないためにはそこをよく頭に入れることです。ネクスティア生命はインターネット生保です。-

通勤途中の駅前商店街にも予約によって保険契約の相談に乗ってくれる生命保険のショップが目立ちます。保険見直し本舗。保険シッョプでライフプランや人生設計のことをもう少し学びましょう。-